メアリー佐野・プロフィール

サンフランシスコ在住のダンカンダンサー。岐阜県出身。子供の頃にダンスとピアノを学ぶ。1975年から1980年まで東京にて雑誌やファッションショーなどトップモデルとして活躍。1979年、サンフランシスコにてダンカン舞踊3代目継承者ミニヨン・ガーランド女史に出会う。その後サンフランシスコに出向きダンカン舞踊を学び始め氏の愛弟子として活動、1983年イサドラ・ダンカン・ヘリテッジ・ソサエティ・ジャパン創立。1985年以来アメリカ在住、後ダンカン舞踊4代目継承者となる。「踊るヴィーナスーイサドラ・ダンカンの生涯」の日本語訳監修。(パルコ出版1990年)1991年カリフォルニアのミルズ大学舞踊学部大学院修士課程修了。1993年メアリー佐野とダンカンダンサーズ結成、1997年にはメアリー佐野スタジオ・オブ・ダンカン・ダンシング(www.duncandance.org)をサンフランシスコに設立。日米両国でダンカン舞踊を教授するかたわら、サンフランシスコ平和条約記念公演(アメリカ)、国際ダンカンフェスティバル(ハンガリー)、ユネスコ国際ダンス20周年記念公演(ギリシア)など数々の公演・創作活動に従事。

2010年には咸臨丸来航150周年記念のダンスシアター「Ship of Dreams: Kanrin Maru 咸臨丸」をサンフランシスコにて世界初演。日米のダンサー、俳優、音楽家、脚本家らと共同創作し、総合芸術監督を務める。日本ではソロダンス・シリーズ「イサドラ・ダンカンの夢を踊る」を2003年より開始。2012年のシリーズ第3回目では東京四谷区民ホールで日米両国より参加した多くのアーティストとともに、オリジナル作品とダンカン舞踊古典作品を融合した舞台を構成・演出・振付・主演し成功させる。地元サンフランシスコでは1997年よりイサドラ・ダンカンの生誕記念公演(ディオニシアン・フェスティバル)を毎年5月に主催。自身の公演・創作活動のみならず、ダンサーや音楽家などのパフォーミングアーティストの育成活動にも力をそそいでいる。

1994年ギリシア、アテネでソリストとしてデビューして以来ヨーロッパでも公演、伝承活動を行う。2014年7月にはイサドラの生涯の拠点地であったパリでDancing Dreaming Isadoraと題した公演を行いダンカンダンスを披露した。


WEB DESIGN & DEVELOPMENT BY DESSO DESIGN